Earthquake
resistance

​国内ではマグニチュード3以上の地震が毎月400回以上も発生しており、

気象庁は「国内で地震が発生しない所も、大きな地震が絶対に起きない所もない」と断言しています。こうした予測不可能な地震に対して、日本で家を建てる以上は地震対策はとても重要です。

[ 全棟最高レベルの耐震等級3が標準 ]

震度7が連続して観測された平成28年の熊本地震。

震源地付近の益城町周辺では、耐震等級3で設計された戸建て住宅が、ほぼ無被害(又は軽微な被害)であったことから改めて地震に対する家の耐震等級の重要性が注目されています。

シンコーホームでは、もちろん全棟で耐震等級3を標準仕様にしています。

 

耐震等級とは​

地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表されます。

​建築基準法で義務付けられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされています。

熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震に対しては、耐震等級3のレベルが必要です。

耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性です。

[ 木造の家 ]

地震の振動エネルギーは建物の重さに比例するため、重い建物ほど大きく揺れますが

重量の軽い木材で造られた家は、鉄やコンクリート造に比べて揺れ幅が小さくなります。

また、木材は表面が炭化すると内部まで燃焼しない性質があり、

一定以上の厚みを​持つ太材は耐火性にも優れています。

 

引っ張る力・圧縮にも強い木材​

木材は引っ張りや圧縮に対する強度がとても高く、同じ重さでの材料で比較すると、圧縮に対する強さは鉄の 約2倍、コンクリートの約9.5倍、引っ張りに対しての 強さは鉄の約4倍、コンクリートの225倍もあります。

構造材について​

土台には檜、柱は杉無垢材(通し柱には檜)、梁には 米松を使用。

シンコーホームでは構造材も集成材は使用しません。

構造躯体について

オール4寸・骨太柱

耐震性を向上させる最も重要な要因は、構造躯体です。3.5寸柱(10cm角)を採用する工務店が多い中、シンコーホームでは全ての柱を4寸(12cm角)にすることで、より耐震性に優れた構造を実現しています。
 

地盤調査・地盤改良について

適正な地盤改良工事

まずは、ご自宅の計画予定地を地盤調査します。その調査結果に合わせた地盤改良工事を行い、万が一の時にも安心で磐石な地盤が保証されます。
保証期間は20年
地盤調査・改良工事について詳しく見る>
 

基礎工事について

ベタ基礎工法

基礎は読んで字のごとく、住宅の基礎です。昨今の新築ではベタ基礎が主流ですが、背筋の数を増やすことで、更に強い基礎へとなり、安心です。
 
省エネ基準改定
プレゼンテーション
住宅シリーズ
  • シンコーホームFacebook
  • シンコーホームInstagram

​サイトマップ

自然素材 | 健康住宅 | 自由設計 | 新築 | リフォーム | アフター管理

〒680-0911

鳥取市千代水1-1-1

[受付時間]

9:00~17:00

Copyright © 2016 ShinkoHome Inc. All rights reserved.