​Detail

日本の未来を考え、政府が出した答えです。

2020年の省エネ基準で建築するということは、

​自分たち家族の生活はもちろん、地球全体の未来を考えた選択です。

今までは「我慢する省エネ」

​これからは「我慢しない省エネ」

今までの省エネは「冷暖房器具や電灯をこまめに切る」

「部屋の冷暖房は控えめにする」など、“我慢”する事が省エネの基本でした。

しかしこれからは「快適に省エネができる時代」に突入します。

その快適さを得るには、住宅性能の基準を上げる事がもっとも重要になってきます。

例えば住宅性能が高いと朝の数分だけ暖房をつければ、

すぐに家全体が暖かくなり、暖房を消した後も暖かさが持続できます。

電気代が節約できる以外に空気の乾燥も防げ、

さらに高齢者に多いヒートショック現象も大幅な軽減が見込めます。

これからの省エネとは、単に電気代の節約だけではなく、

住むご家族皆さまの健康や寿命にも大きく影響してくるのです。

そして、

​シンコーホームが提案する住宅。

それは、

​政府の認定省エネ型住宅です。

​国土交通省が推奨する地域型グリーン化事業

長期優良住宅
ゼロ・エネルギー住宅

​国土交通省認定の

地震に強く、省エネの200年住宅。

2020年省エネ基準改定に伴い、​電気を自給自足する住宅。

※新興建設株式会社は環境住宅"とっとり"推進協議会の施工グループ員です。

  • シンコーホームFacebook
  • シンコーホームInstagram

​サイトマップ

自然素材 | 健康住宅 | 自由設計 | 新築 | リフォーム | アフター管理

〒680-0911

鳥取市千代水1-1-1

[受付時間]

9:00~17:00

Copyright © 2016 ShinkoHome Inc. All rights reserved.