冬暖かく夏涼しい

人に、住まいに、地球にやさしい高断熱・高気密の家

「暑さ、寒さのストレスから解放されていつも快適に過ごしたい」という、理想の住まいの実現の基本は断熱と気密にあります。
自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かすには、まずは断熱気密計画がしっかりできていることが重要です。
断熱と気密を高めることは、冷暖房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しく快適で活動的な暮らしを送ることができます。
言い換えれば、普通に暮らしていれば省エネルギーになり、冷暖房費を節約できる住宅ということです。

ゼロエネルギー住宅

エネルギーの自給自足をめざす家

エネルギー消費量の増加と温室効果ガス排出量の増大を受け、住宅・建築物の省エネ・地球温暖化対策の一層の充実が求められています。
住宅・建築物の省エネ性能の向上を図ることは喫緊の課題といえます。
わが国では2019年5月に「建築物省エネ法」の一部が改正・公布され、すべての小規模建築物について建築士による省エネ性能に関する説明義務が盛り込まれました。

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

経済産業省・国土交通省・環境省が連携して住宅の省エネ・省CO2化に取り組み、ZEH等を実現することを目指しています。
省エネ性能・断熱性能を高め「消費するエネルギーを減らす」「太陽光発電等でエネルギーを創り出す」「HEMSによりエネルギーの状態を把握しコントロールする」家は、人にも環境にも、また光熱費の削減でお財布にも優しい家になります。
シンコーホームでは2016年よりZEH普及に取り組んでいます。ゼロエネルギー住宅の設計・管理・アフターメンテナンスも得意としています。
※国土交通省では「地域型住宅グリーン化事業」で補助金の交付があります。

国土交通省ゼロエネルギー住宅

ヒートショック対策

急激な温度変化で身体がダメージを受けることです。
入浴中の急死の理由のほとんどがお風呂場と脱衣室の温度差が原因とされています。
建物内の温度差をできるだけなくしヒートショックを抑制することが、健康的な生活環境として必要不可欠になっています。

結露を防ぐ

結露の正体は空気中の水蒸気。結露を放置しておくとカビやダニの発生を引き起こし、健康にも悪影響を及ぼすリスクが高まります。
木は水分を吸収・放出する調湿機能をもっているので、木をふんだんに使用した室内は結露が生じにくく快適な環境を保ちます。
高い断熱性は、住む人の健康と木材の乾燥保持で住宅本体の耐久性を高め、長寿命の住まいとなります。
環境や健康に大いに貢献し、次世代に引き継ぐ住まいをつくることになります。

自然素材を活かす気密性能

壁の断熱・気密

壁の断熱材であるセルロースファイバーは、健康と安全に配慮された木質繊維素材です。
防火性、防音性、調湿性、防虫性をはじめ、気密性も高く光熱費の節約も期待できます。
近年、この断熱工事でも環境問題がクローズアップされ防火・防音・調湿・防虫が注目されています。

「住宅の省エネルギー化の向上」
「建築資材のリサイクルの必要性」
「室内汚染を防ぐ自然素材の活用」

私たちはそれらの諸問題を解決する断熱材として、新聞古紙からリサイクル生産される「セルロースファイバー断熱材」をお薦めしています。

セルロースファイバーとは

セルロースファイバー断熱材は木質系断熱材で原料が木質繊維(厳選された新聞古紙)であり、自然素材のエコな断熱材で環境にやさしく、欧米のパッシブハウスでも多く採用されています。
断熱性の他に、調湿性能、防火性能、防音性能、防虫性能など多くの性能が備わっている付加価値の高い断熱材です。

セルロースファイバーの特長

低い熱伝導率を実現できているのは、熱を伝える「空気」が動かない構造となっているためです。
繊維の中に多くの動かない空気を持つ構造のため、高い断熱効果を発揮します。

防火性能
セルロースファイバーは木質繊維が原料となっているため燃えやすいのでは?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は、添加されているホウ酸により充分な防燃処理がなされており、準不燃材料に合格しています。
燃え広がることなく優れた防火性能を発揮し、有毒ガスの発生もありません。

防音性能
セルロースファイバーは壁の中に隙間なく吹き込む施工を行うため、高い密度で断熱材が充填されます。また、配管などの障害物があったとしても、隙間ができません。
そのため、家は密封されたような状態になり高い防音性能を発揮することができ、外からの騒音だけでなく、室内から外へ逃げるプライベートな音も外に漏らしません。

防虫・防カビ
セルロースファイバーはホウ素系薬剤が添加されているため、防虫性能があります。
ホウ酸なのですが、害虫やカビなどのイヤがる成分が含まれているため、防虫・防カビに効果を発揮します。
また、ホウ酸系薬剤は眼科で目の洗浄に使われているほど人体には悪影響のないものですので、安心できます。

調湿性能
セルロースファイバーは天然木質繊維の持っている吸放湿性により、表面・内面結露を防ぐのに大きな効果があります。
一般的に断熱材は、その繊維間に連続気泡として、多くの動かない空気を持っているのが特徴ですが、セルロースファイバーは繊維の絡み合いによる連続気泡だけではなく、繊維の中にも多くの動かない空気泡を抱えているので、空気の層が二重となりダブル効果を発揮します。
結果、熱伝導率が低く、断熱性に優れているといえるのです。

窓の断熱・気密


屋内と屋外の狭間にある存在の屋根・換気・外壁・床・窓。その中でも、圧倒的に熱損率が高いのが「窓」です。
シンコーホームでは、暖房熱の最大の逃げ道である「窓」から室内の熱を逃げにくくし、快適な室内環境にするためペアガラスを採用します。

Low-Eガラス

Low-Eガラスの「Low-E」は、Low Emissivityのことです。
「低放射」という意味で、一般的な1枚ガラスが放射熱0.85程度ですが、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になります。
この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通しません。

ペアガラスとは、その名の通りガラスを二重にしたものです。
空気の熱伝導率が低いことを利用して、2枚のガラスの間に乾燥した空気を密閉し断熱性を高めたもので、結露しにくいのが特徴です。
ガラスの断熱性が高ければ冷暖房の効きも良いため、省エネ効果も期待できます。
また、サッシの外壁下地に接する面にはすべて気密テープを施し、気密性も向上させています。

床、土台の断熱・気密

床の断熱材は、工場でプレカットされた断熱材を敷きつめ、材料のムダを省くと同時に気密性を高めています。
床下からの貫通部は気密テープ・シーリングで隙間処理を行います。

屋根の断熱・気密

屋根の断熱性を高める目的は、夏場は日射熱の侵入を防ぐことで屋根の日照りを抑えて冷房の効きを向上させ、冬場は暖房の熱を逃げにくくして、暖かい部屋の保温性を向上させるためです。
シンコーホームでは天井に高性能断熱材を敷きつめ全面気密シートを張り、シートのジョイントには気密テープを貼り、気密性を確保しています。
天井からの貫通部は気密テープ・シーリングで隙間処理を行います。

太陽や風を活かす技術や設備

太陽光発電システム


太陽の光はクリーンで、安全かつ地球温暖化を防ぐ人にも地球にも優しい自然エネルギーです。
発電して余った電力は電力会社へ売り、夜間や発電量が少ない雨の日などは電力会社から購入するシステムです。
電力会社との接続(系統連系)により、昼間に多く発電し余った電力は自動的に電力会社に送られ、発電しない夜間や雨などで発電量が少ない時は電力会社から電力の供給を受けることができます。

自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)


家庭で一番エネルギーを消費するのが給湯。
エコキュートは、自然冷媒(CO2)を利用して大気の熱を吸収し、電気の力でギュッと圧縮して高温にするヒートポンプ技術を採用することで、消費電力を従来の電気温水器の1/3に節約できとっても経済的です。

熱交換型換気(第一種換気)システム


自然の空気を給気し室内の熱と湿気を回収します。集中コントローラ1基につき最大6台までの換気ユニットを同期し、連動運動させます。
稼働時は給排気の最大91%までの熱と湿度が回収されます。