ブログ

マイホームはどこに相談する?工務店とハウスメーカーの違い

家を建てたい、買いたいと思ったとき、どの業者に頼むかは迷うところではないでしょうか。住宅を建築をする業者は大きく分けて、大手ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つが挙げられます。しかし、名称が違うものの、違いやどこがどのような特徴を持っているかはなかなか見ただけではわかりません。

大手は安心なのかな?建てる地域に密着しているほうがいい?価格の違いは?アフターフォローはどっちがいい?など疑問をお持ちの方に、その違いを簡単にご紹介します。皆様の家づくりの参考になれば幸いです。

各業者の特徴

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーの最大の特徴は、会社の規模が大きく、知名度が高いということです。全国展開している一部上場企業も多く、会社としての安定感も魅力のひとつです。住宅展示場なども充実しており、人材が豊富で営業マンやインテリアコーディネーターなどがいて、様々なプランを出してくれます。商品を全国でブランド展開して、基本のプランをベースにいくつかのプランから選びやすくしていることも多いようです。

工務店

工務店は、全国に支店を持つハウスメーカーに比べて規模が小さいところが多く、「地域密着」であることが特徴です。社長や社員、職人なども地元に住んでいることから、病院や学校、保育園のことなど地元を熟知しています。お客様の要望にきめ細かく応えながら、お施主様とともに作り上げていくのも工務店の利点です。

設計事務所

家づくりに大きなこだわりを持ち、唯一無二な個性的な家を建てたいと考える方に適しているのは設計事務所です。設計事務所で建築を手掛ける人は、「建築士(1級、2級、木造)」という国家資格を持つ方です。建築士が要望に対して細部にわたるまで設計していくのが魅力です。設計事務所の場合の多くは、施工会社は別会社になります。数社の施工会社から見積もりをとってどこにするか決めるのが一般的です。設計事務所への支払いは総工事費の数%であったり坪数x単価だったり様々です。

価格表示の違い

住宅の購入を検討するとき、価格は大変気になるところですよね。ほとんどの方は一生に一度の高額な買い物ですから、少しでも安く高い品質のものをと考えます。

「本体価格」でも意味は様々

ここで注意したいのは、「価格」の表示方法についてです。住宅の価格の表示方法には決まりがありません。「本体価格」「付帯工事」「諸費用」「オプション」など様々な表示があり、どの料金をどのように表示をしてもよいため、「本体価格」だけでは生活に必要な工事が足りず、終的に支払う「引き渡し価格」に大きな差が生まれることがあります。ハウスメーカーと工務店、設計事務所では一般的に価格表示に違いがあることを頭に入れておくのがよいでしょう。

例えば、ハウスメーカーでは一般的に、「本体価格」とは別に電気・水道を引く付帯工事や、エアコン・居室の照明・外構などの工事が必要になります。また、下請けの工務店に工事を依頼する費用を「経費」として別で請求する場合もあるようです。

工法の違い

工務店とハウスメーカーでは、家づくりの工法も異なります。例えばほとんどの工務店では木造軸組工法を採用しています。大手ハウスメーカーではツーバイフォーが多いようです。木造軸組工法は日本生まれの伝統的な工法で、ツーバイフォーは北米で開発された工法です。

工務店が施工する木造軸組工法

木造軸組工法は在来工法とも呼ばれ、基礎に木の土台を乗せ、その上に木の柱を立てて骨組みを作り、耐震性を高めるために筋交いと呼ばれる斜めに入れる木材で補強しながら組み立てていきます。頑丈でありながら設計の自由度が高く、増改築が容易にできるのも長所のひとつです。職人の技が最も生かされる工法なので、経験や知識が問われます。

ハウスメーカーが施工するツーバイフォー

ツーバイフォーという工法は、アメリカやカナダで生まれた工法で、木造枠組壁工法とも呼ばれています。日本の伝統的な「軸」組に対して、フレーム上の角材で枠を作り、そこに薄い板を接着剤で張り合わせた合板の壁を打ち付けます。同じ木造枠組壁工法に、釘を使わず組み立てる木質パネル工法もあります。丈夫でひずみにくい、六面体の箱型なので、耐震性や断熱性に優れています。ただ、カラッとして湿度の低い北米地域で生まれた工法のため、高温多湿の日本においては、建てる地域や場所には注意が必要だと考えています。

まとめ

工務店とハウスメーカーの違い、いかがでしたでしょうか。鳥取市近辺ででマイホームをご検討中の方に、このようなハウスメーカーと工務店の違いについてさらに詳細に説明した資料をお送りしています。

各社の特徴、依頼する場合のメリット、デメリット、価格表示の詳細、見積もりや住宅会社が作成する資金計画書を見るときに気を付けるポイントなどに加えて、完成見学会でチェックするべき項目や、土地の選び方など、家づくりに欠かせない知識がつまった冊子です。マイホームの検討時にはご自身でも知識を持つことが大切です。

ご希望の方はぜひお気軽にご請求ください。

資料請求はこちら