ブログ

子ども部屋を考えるチェックポイント

これから家づくりを考えている多くの方が、子ども部屋をどう作ればいいかについて悩まれているのではないでしょうか。
勉強ができる環境の作り方は?親子の会話が増えるには?子どもが巣立ったあとはどうすればいい?など子ども部屋の考え方はさまざまですし、子どもが2人、3人いる場合は部屋割りもあります。

そして、教育によい子ども部屋を作りたいと考えることが、住宅を建てる際の大きなテーマの一つだと考える方も多いと思います。子どもが賢く育つポイントは、

  • どこでも学習できる場所づくり
  • 規則正しい生活リズム等、生活習慣を身につける
  • 家族共有スペースをつくるなど、家族が集いやすい家

勉強ができる環境の作り方は?親子の会話が増えるには?子どもが巣立ったあとはどうすればいい?など色々な疑問をお持ちの方に、子どもの成長にあわせてよりよい環境で過ごすことができる理想の子ども部屋についてお話したいと思います。

皆様の家づくりの参考になれば幸いです。

子ども部屋をつくる前に考えておきたいこと

子ども部屋をつくる目的を考える

子ども部屋を作る目的を書き出してみましょう。
子ども部屋は主に、勉強をする、睡眠をとる、遊びなどに使用します。


この中で、勉強は子ども部屋でなくリビングでしてほしいという人、自室で自発的にしてほしいと考える人などそれぞれです。各家庭における子ども部屋の役割や目的をリストアップし、必要な広さを考えれば間取りや配置の目安になります。

勉強ができる環境をつくるには

小学校への入学をきっかけに、勉強机の購入とともに自室または自分のスペースをもたせるご家庭が多いようですが、低学年は完全な個室より、みんながいる場所(リビング、ワークスペース等)で勉強するほうがいいのではないでしょうか。リビング学習なら、料理などの家事やテレワークをしながら子どもの様子を見守り、学習内容を補ってあげられ、学習のペースをつくるサポートもできます。

また、小さいうちはリビング、洗面所、玄関などに場所を決め、「おもちゃはここね」とか「歯ブラシはここだよ」と、決められた場所に自分のものを置くという練習をすることは、お子さんが集団生活を始める際にも役立つはずです。

子ども部屋の場所と広さについて

子ども部屋の方角

日当たりのいい南側の部屋をと考える方が多いようですが、実は北側の部屋の方が季節などに採光を左右されないため勉強に集中しやすいともいわれています。
また、子どもが個室を必要とするのは、中学生くらいから独立するまでの数年間といわれます。将来的なことも加味した上で子ども部屋の場所を考えましょう。

子どもの人数や性別で考える

子ども部屋が複数必要になる場合、子どもの人数に合わせて部屋を用意することが難しいこともあります。子どもの性別が同じであれば相部屋にすることも可能です。異なる場合はそれぞれの部屋が必要になるかもしれません。また子ども同士の性格や関係性によっても個別の部屋が必要など、それぞれの家庭によって違ってきます。

子ども部屋の広さ

子ども部屋の広さは6畳だというイメージがありましたが、今は4.5畳にしている住宅も少なくありません。勉強は子ども部屋ではなくスタディコーナーやリビングにつくったワークスペース、リビング隣に作った和室でするなど、家族が集う場所で一緒に勉強する家庭も増えています。

間仕切りができる子ども部屋

広めの1部屋を子ども部屋として、子どもの成長に合わせて間仕切りできるように作っている住宅もあります。子どもが小さい時は広々と使え、思春期を迎えたらプライバシーを確保できるように間仕切りをして2部屋に変更します。この場合は仕切り後にドアと窓が各部屋に必要になることを考えて設計しましょう。

間仕切りのある子ども部屋の施工事例はこちら

学習机はどうするのか

学習机は意外と使用する期間が短く、また勉強はリビングやワークスペースでするお子さんが多いこともあり、思いの外使わなかったと言われる方が多いようです。
そこで壁に向かって造り付けのカウンターをつくっておくと、デッドスペースが活用できて部屋が広く使える、机の下の掃除がしやすい、成長してもパソコンデスクとして使えるなど、いろんなメリットが考えられます。

子ども向けカウンター付きの施工事例はこちら

子ども部屋の場所は?

子ども部屋をどこに作るかは大きく2つに分かれます。
「リビング、キッチンなど家族が集まる場所」か「夫婦の寝室のそばなど静かな場所」になります。ただ、キッチン、リビングは家族のコミュニケーションが取りやすい配置を優先するので、リビング周りではなく家の中の静かな場所にする方が多いです。
家族が集まる場所を通って子ども部屋に入るようリビング階段にすれば、家族が顔を合わせる機会が多くなり、子どもの様子もわかります。

まとめ

子ども部屋も作り方について、少しは参考になりましたか。鳥取市近辺でマイホームをご検討中の方に、子育て住宅についてさらに詳細に説明した資料をお送りしています。

子ども部屋だけではなく、子育て住宅をどう考えてつくればいいかチェックポイントを解説しています。子ども部屋の悲劇、ご主人の居場所、子どもにあたえなければいけないもの、子ども部屋をあたえる時期、また、挨拶のできる子どもに育てる家など、子育て住宅づくりの実践的なポイントが詰まった冊子です。、

夫婦が円満に仲良く暮らす光景、家族が自然と集まってくるリビング…
マイホームの検討時にはご自身でも知識をもつことが大切です。

ご希望の方はぜひお気軽にご請求ください。

資料請求はこちら