ブログ

幸せが降り込む上棟式

H様邸上棟です!

上棟式は、家の完成後も建物が無事であるように願い、執り行われる祭事です。
「棟(むね)」とは、家の一番高い部分に納める横架材をいい、この棟木を取り付けることを上棟といいます。

当日は雨模様💧☔
でも、雨の日の上棟は昔から「降り込み」と言い、「幸せが降り込む」「福が降り込む」と言い伝えがあり、大変縁起がいいと言われているんです。
また、その家は「火事にならない」とも言われ、これを知ると雨の日の上棟もいいものですね。

施主様ご夫婦が協力して一本目の柱を立てスタートです!
雨が降ったり止んだりの天候でしたが、大工さん・オペレーターの皆さんの
いつもと同じ流れるような動きで、家の形ができてきます。

屋根のルーフィングが終わり、一日が終わります。

ご夫婦のこだわりポイントいっぱいのお家です🏡
完成が楽しみです😊😃