ブログ

施工途中で気密性能をチェック。寒い冬も暑い夏も心地よい空間のために

先日上棟式を終えたM様邸は、その後屋根や壁のパネルを張り終え、気密性能の測定を行いました。気密測定器をおいて、時間をかけて計測します。

※住宅における気密とは「隙間をなくして外と室内の空気の出入りを少なくした状態」のことで、「気密性の高い家」=「隙間のない家」を意味します。空気の出入りが少ない分外気温の影響を受けにくく、冬は暖かく夏は涼しく、快適な室温を保つことができます。

気密性の性能は、床面積1平方メートルあたりにどのくらい隙間があるかを表した「C値」という数値で表されます。つまり、C値が低ければ低いほど家の隙間の量が少なく、気密性の高い家ということになります。

気密性が高い家では、家の中の温度差が少なく快適に過ごすことができ、省エネにも優れて光熱費を抑えることにつながります。また、結露・カビの発生を防いで家の価値を守ることはもちろん、家族の健康も守る、大変重要なことです。

M様邸の施工で採用しているスーパーウォール工法では、高気密住宅の目安となるC値2.0よりもさらに低い、C値1.0を基準とし、全棟において高気密住宅を目指しています。

今回の測定結果は・・・・

C値0.3です。基準をきっちりクリアして一安心。

気密性能は、施工中に一度しておくことが重要です。完成してから計測して、もしもあまりよい数値がでなかったりしても、もうクロスなどを張り終えた後ではどこに隙間があるのか分かりません。施工中に一度計測することで、もし基準に満たない場合は原因を特定して気密処理を施し、性能を上げることができます。

単純な計算ではなく、実測しないとわからないお家の性能。職人さんの丁寧な仕事が評価されます。