ブログ

ずっと住む家だからこそスーパーウォール工法が選ばれました

2022年1月15日

現在進行中のT様邸です。
「これからずっと住むんだから冬暖かくて夏涼しい、性能がいい家。建てるなら快適で安全に暮らせる家がいいです。体にもいいですよね」
と、高断熱・高気密のスーパーウォール工法で建てることを選ばれました。

基礎工事が終了しました。M様邸と同じく、T様邸も基礎断熱です。

床断熱と基礎断熱

床の断熱工事は大きく分けて、室内から床材であるフローリングの下を断熱する「床断熱」と、床下空間も室内空間のひとつと考え、基礎のコンクリート自体を断熱材で覆う「基礎断熱」の2種類があります。
どう違うのでしょうか。

床断熱は床面で断熱をして床下空間は「外」とする断熱方法です。住宅の1階部分の床下に断熱材を敷き詰め、外気の熱気・冷気が室内温度に影響するのを防ぐ工法です。床全面が断熱材に覆われることになり、風通しをよくするため基礎と土台の間に基礎パッキンという部材を使い、常に空気が動くようになっています。
長く普及してきた断熱方法なので技術が確立しており、安定した品質が期待できます。

床断熱より高い断熱・気密性を得ようと考えられたのが基礎断熱です。床下も部屋の内部という考えです。
基礎で断熱をとる施行方法で基礎内断熱、基礎外断熱、基礎内外断熱の3種類がありますが、基礎の外側に断熱材を張る方法はシロアリ対策が難しいため、シンコーホームは基礎内断熱にしています。
断熱効果に優れているとされ、床下も室温と同じ温度になるため冬場の底冷えも軽減されます。

基礎工事が終わったので、基礎廻りにPPシートをはりました。

あとは土台据え、先行足場。
そして来週は上棟です!!