ブログ

間取りってどう考えればいいの?

家づくりで、外観や間取りにこだわりを持っている方は多いのではないでしょうか。どんな家にしようかと間取りを考える時は、一番ワクワクする時ですよね。間取りに関しては、実際に生活を始めた時の暮らしやすさに直結するので、こだわりを反映した家づくりを進めたいと考えていらっしゃると思います。

「理想の間取りを書いてみよう!」と思っても、いきなりどうすればいいのかわからないのが普通です。
家の間取りを考えるのは楽しいけど大変な作業でもあります。
家族のみんなにとって良い家、間取りにするというのは意外に難しく、意見が合わないこともあります。
間取りを決めていく際には、家族の優先順位と生活の動線、土地の形状、周辺の環境、日常生活を考慮したゾーニングなどが考えるポイントになります。

暮らしやすく居心地がいい家づくりのために、今回は間取りの基本的な考え方についてお話していきたいと思います。

生活動線とは

暮らしやすい家とは、動線計画がしっかりしている家といっても過言ではないくらい重要とされています。そして、良い動線は人によって、家によって違いがあります。

家の中での動線は「生活動線」とよばれ、生活を営む際の人の動き・移動をあらわした線です。その線が短いほど「生活動線にすぐれる」といわれます。

生活動線を考える時には

  • 炊事や洗濯、掃除など家事動線
  • 忙しい朝の時間。朝食、洗面所、トイレの家族の動線
  • お客様がいらした時

など、色々考えるポイントがあります。
動線をスムーズに描くことができれば、家の中での作業がしやすく、またコミュニケーションを取りやすいなどのメリットがあります。

家族のライフスタイルを知る

家族によって家に対する希望も生活スタイルも違います。先程書いたように、最適な間取りは家族によって違います。

家の設計段階で「こうしたほうがいいだろう!」と取り入れた間取りなのに、実際に生活を始めてみると非常に不便に感じてしまい、後悔してしまう……という方も。家ができた後で変更するのも難しいことです。

そこで、家族にとって快適で暮らしやすい間取りを考えるため、家族の要望を書き出してみましょう。家族の夢、希望、土地情報、将来のライフスタイルの変化などをまとめておけば、工務店との打ち合わせの時、具体的にすすめることができます。

しかし、全ての面に関してご家族全員の意見が一致する…などと言ったことは珍しく、意見が合わないこともあるでしょう。「何を重視するか?」ということは、あらかじめみんなでよく話し合っておき、優先順位を決めておかなければいけません。

また、その中で家族の生活スケジュール、家族それぞれの一日の行動パターンを考えることが快適な動線、間取りのヒントになります。この他、明るく風通しのよい家を希望される方は多く、「人の動線」だけではなく、採光、風通しも考えなければいけない大切な事です。

ゾーニング

ゾーイングとは建物の空間を用途や機能別にまとめて間取りを決めることをいいます。
まず、家にする場所、庭にする場所、駐車場にする場所等、土地をスペース割り当てします。

家のスペースが決まったら、

  • リビング、ダイニングなどの共有スペース
  • 寝室、子ども部屋などの個室スペース
  • 浴室、トイレといった水廻りやその他のスペース

に分け、用途によって部屋の配置を大まかに割り当ててみます。ゾーニングと動線を組み合わせることでより具体的な間取りが見えてきます。

収納について

間取りで「しまった!」と思われる中に「収納」があります。モノが入らない、出し入れしにくい、片付けにくい…など、収納のつくりに関することも多いです。十分な広さや収納量だけでなく、収納内部のつくりや収納場所も大事です。
モノを出す・使う・しまう時のことを考えましょう。

また、収納するモノの場所について考えることも大切です。

まとめ

いかがでしたか?
同じ広さでも間取り次第で過ごしやすさ、動きやすさは違います。また、長く住む家だからこそ、今の生活だけではなく将来のライフスタイルまで考えて設計することが大切です。
これから先、10年・20年と生活を共にする、あなただけのマイホームです。
家づくりを考えていらっしゃる際、わからないことがたくさん出てくると思います。暮らしやすく居心地のいい、家族が笑顔で暮らせる家を建てて頂きたいと思っています。

シンコーホームでは家族が健康で安心・安全に暮らせる家をめざしています。
家づくりのことで分からない事があったら、ぜひ一度お話をお聞きにいらして下さい。
お待ちしています。

鳥取周辺で新築やリフォーム・リノベーションをお考えの方に、快適な間取りづくりのための30のポイント「間取り設計30の秘訣」など、家づくりに役立つ冊子をお送りしています。
ご興味をお持ちの方は、お気軽にご請求下さい。

資料のご請求はこちら